お客様の声

松本市 N様

お父さんが夜中にトイレに何度も行くようになってから、
廊下とトイレの段差がずっと気掛かりだったんです。

昼間は明るいからいいけど、夜は暗いから、転んで骨折でもしたら大変だもの…と。
以前から夜間の歩行を心配していました。
from Staff
隣接する息子様のお宅も建てさせていただき、
2世代に渡ってお付き合いさせていただいているN様。
「将来的には車椅子でトイレまで移動なんてこともあるかも…」
「小便器と手洗器は既存のものを使えるかしら?」
「扉は引き戸がいいけど夜中の開閉には音が静かなものがいいわ」などなど…
具体的に伝えていただけたので、しっかりと打ち合わせをしてご提案させていただけました。
ご主人様のためにお考えになられたリフォームは、
ご主人様はもちろん、見にきてくださったお友達からも大絶賛だったそうです。
身体状況の変化を見据えた住まいづくり。
まさに“転ばぬ先の杖”ですね。
「備える」住まいのご相談、お困りごとがありましたら、お気軽にお問い合わせください

安曇野 S様

この家をとても気に入っていて、
築26年ですが、ドアの建てつけが悪くなったり、
クロスが剥がれてきたりということは一度もありません。
ただ、外側はさすがに痛んできていました。
「絶対に屋根に乗らないでくださいね。割れやヒビが入りますから」と言われて、ずっと守ってきました。
山の中だから猿はときどき乗っていますけど(笑)。
そのおかげで、経年劣化はあるものの、破損がなかったので、ふき替えずにカバー工法を採用することができて良かったです。
ふき替えて、まず驚いたのは2階の涼しさ。
それまでは、夏に2階で昼寝なんて暑くてできませんでした。
今年は7月中旬でも扇風機いらず。
夏場だけでもこんなに温度差が分かるなんて、冬場はどんな効果があるか楽しみです。
from Staff
築26年、雪の降る信州、やはり屋根のことは心配されていたそうですが、
それまで塗装かふき替えするしかないだろうし、
工事中はどこかに部屋を借りなきゃいけないだろうし、
予算もあるし…とここ数年悩んでいたそうです。
OB施主様訪問の中で、
お届けしたニュースレターの中に、
今ある屋根材の上に新たな屋根材を乗せるという、
今まで選択肢になかった工法をご覧になり、これなら既存屋根の廃材が出ずエコだし、
住まいながらにしてリフォームできるとあって、お問い合わせをいただきました。

 

松本市 S様

30年前の新築時から、
何か困ったことがあるとすぐに奥原部長に連絡してしまうほどの長いおつきあいです。
今回、キッチン廻りや浴室のサイズアップ、断熱サッシの入替などのリフォームをお願いしました。
収納スペースも増えて気になっていた寒さも改善されました。
また、職人さんの対応も好感が持てました。
from Staff
新築OBで28年来のお付き合いのS様。
今回奥様のご要望により、水廻り全てや断熱改修などの工事をさせていただきました。
工事中は一時的に賃貸に住まわれご不便をおかけしましたが、
現在はとても快適に住まわれている御様子で私どももうれしく思います。
ご夫妻とも気さくでアットホームな雰囲気をお持ちのおふたり。
私自身も大変感謝しております
ページトップへ戻る