これって本物?+和小物

私の古くからの友人の植物を本物そっくりに作る方がいらっしゃいます。

植物といえば花びら、めしべ、おしべ、葉、茎それを一枚一枚染色して組み立てて1本花のしていきます。

昨年見せて頂きましたがまるで本物そっくりでした。二枚の画像を載せます。どちらが本物でしょうか?

お花の好きな方は分かると思いますが背景で気が付かれて方もいらっしゃるでしょうが一枚目が作った花です。

毎回お客様のところに訪問すると次々と新しい植物増えていきます。いく度に驚いて帰ってきます。

これからもたくさんの植物を作って欲しいです。楽しみにしています。

今年はねずみ年です。今年で85歳になる母がだいぶ前の毛糸で編んだ十二支です。毎日好きであみぐるみを作ってます。私は可愛くないものはズバット言ってしまいますが私は苦手で作れませんので

もっと優しい言葉を掛けてあげないといけないと反省います。

最後にスポーツ施設で見かけた手づくりのうさぎのお雛様です。とても気に入ったので写真を撮らせていただきました。手作りの小物が好きな宇佐美雅子です。

 

ご相談はこちらから
0120-858-853 0120-858-853
お問合せ資料請求

伝統行事「三九郎」

みなさん、こんにちは。

店長の高山です。お正月気分もそろそろ抜けてきた頃でしょうか?

先日、子供の町内行事 「三九郎」 に参加してきました。

松本市の地域にある、正月飾りや松飾などを燃やして無病息災を願う伝統行事です。

地域によってはどんど焼きという呼び名もあるようですね。

 

 

 

少子化や松飾を飾るお家が少なくなったりと、時代も環境も変わっていく中

私が子供のころとは、少し様子が違う感じもありますが、子供たちが米粉で作った繭玉を火であぶる様子は見ていて微笑ましかったです。

 

 

私の家では、三九郎で炙った繭玉とお餅で作ったおしるこを作って食べ、家族の無病息災を願いました。

(おしるこの写真撮っておけばよかった(苦笑))

 

伝統行事を次世代に繋ぎ、地域・町会の行事にも積極的に参加して行きたいと思います。

 

 

 

 

 

ページトップへ戻る